口の周りのほうれい線は老け顔の原因NO.1とされています。
早い人では、20代前半からほうれい線が目立ち始めて悩むことも。

ほうれい線には、早めのケアが重要!

見た目に影響を及ぼすほうれい線を予防するには、ほうれい線が目立つ前にケアをすることです。
ほうれい線ができる原因の中で一番の影響は加齢による頬の筋肉が衰えることです。

これは、肌を支える筋力が落ち、肌がたるんでしまうため、口元の溝が深くなり、ほうれい線が目立ってきます。
そこで重要なのが、頬の筋肉を強化してリフトアップすることです。

口元の筋肉を鍛えてリフトアップすることで筋肉が強くなり、口元は引き締まって行き、ほうれい線も薄くなって目立たなくなります。

いつでも出来る、簡単なエクササイズとは?

そこで、ほうれい線の予防・改善に効果のある簡単エクササイズをご紹介します。

(1)両手の人差し指、中指、薬指を使い、口の周りの筋肉をほぐすように下から上へ動かし、筋肉をリフトアップします。
(2)口を膨らませた縮めたりして、ほうれい線を伸ばします。
(3)親指と人差し指で頬をつまみ、円を描くように回して頬を引き締めます。
(1)~(3)の流れを、朝と夜の2セットを目安に行います。

次に紹介するのはベロ回しエクササイズです。
この方法は、ベロを回すだけの簡単なエクササイズですが、ほうれい線の予防だけでなくその他の効果も期待できます。顔の表情を明るく若々しく保つためにもエクササイズをやってみましょう。

口を閉じた状態で舌を歯の表面に沿ってぐるりと回します。

(1)最初は左回りに20回ほど回します
(2)次に右回りに20回ほど回します

(1)~(2)の流れを1日に2~3セットを目安に行います。

この「ベロ回しエクササイズ」を行うと、口の周りの筋肉が鍛えられて、血行も促進され、新陳代謝が促されます。また、口の周りの筋肉に良い影響を与えるだけなく、顎舌骨筋を鍛えられ、あごの下でプヨプヨになったぜい肉が取り除かれて二重あごの予防にもつながります。

ほうれい線別記事リンク